渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器

anchok:渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
文学少女的肉便器
高中一年级的那个秋天,我和她邂逅了。
 因为父亲工作的原因,我转校了。
 在第二学期的中途就被迫转学实在是一件很麻烦的事。
 四月初的时候,我和班里的人几乎没有什么共同话题,基本上都说不上话。

学校生活过的不怎么如意。
 休息时间只能一个人发呆、吃饭的时候也没有人陪、周围还好像有什么人在议论我。
 不过这也不是没有好的地方的,我能有更多的时间写作了。
 顺带一提,我很喜欢文学。
 将来的梦想是成为一名作家。
 从初三开始,我就开始写小说。
 但是,谁也不知道这件事。
 我有时候会从学校取材,所以我会向同学们打听他们谈论的话题。
 听说最近有一个同年级的男生因为进了图书室之后受重伤被送进医院了,于是我就想去一探究竟,顺便为小说提供素材。
班里的人说这个图书室很可怕的样子,说里面是怪物的监狱,里面藏着无数的怪物,那个男生就是被那些怪物弄到重伤的。

 我放学之后,恰好经过图书室的门口。我从窗户看到里面。
 图书室的面积不大,但是书架很多,里面会有很多书吧,这是我对这个图书室的第一印象。
 在我视线的尽头、有人在桌子上学习的样子、那是一个面无表情的看着书的少女,这间图书室只有她一个人的样子。
 怪物的巢穴………?
 恐怖的图书室………?
 那个女孩、留着一头漆黑的短发、穿着浅色的对襟毛衣、像个文学少女一样站在那里、身上唯一有点和现在的年龄相符的时尚感的、恐怕就是那副粉红色的渐变色眼镜了。
 这样的女孩子都能一个人在这个图书馆里面看书的话,那些关于图书馆的传言大概全部都是假的吧………?
 这种想法在脑袋里闪过。
 确实,被来应该坐着图书管理员的座位是空的,这个的确有点不自然、不过,这个和他们想象的那个怪物的监狱相差甚远。
说起来,我是相信班上的人说的还是自己亲眼看到的事实?
 结果不言而喻了吧!
 我决定了、打开了图书室的门。
 那个文学少女、看都没看我一眼、还是低着头在看书。
 我还害怕隔着门看不到里面的人,还在东张西望,以为会有人突然跳出来,结果发现,这间图书室里就只有我和那个戴眼镜的女孩。
 我安心下来了,在靠墙的书架前面踱步,一本一本地物色起书来。
 来到最里面的书架的时候,听到拉椅子的声音。
 那个戴眼镜的女孩要回去了吗?
 我把不想看的书放到原位,想看的拿起来夹到腋下。
 这时候、感觉到背后有人,我回头一看。
 那个戴眼镜的女孩,一只手拿着书,目无表情地俯视着我
 是的,俯视着我。
 她坐着的时候不觉得,到她站到我面前的时候一看,她的个子真高。
 我身高165cm、算不上高,但是也不矮啊。
 我的个子在她的视线以下、她至少比我高10cm。有175以上吗?也许有180以上吧。
 还,还有、胸部………非常、非常的大………。
 啊,别误会、我不是那种盯着女孩子胸部看的人,但是她个子太高了,我的视线正好在她的胸部的位置………。
 然而走近一看、是个相当的美少女啊。
 和班里的女生门不同,明明没有化妆,却有洁白细腻的皮肤,艳丽的嘴唇,外形美观的鼻子,长到妖媚的睫毛,一双大到好像戴了美瞳一样的眼睛正在一动不动地盯着我。
「啊…啊……在………」
 咬字都不清了………真是惭愧………。
 是不是我站在书架前面挡着她拿书了?………
正当我打算让出个位置出来,从这里走开的时候,一只女生的手臂挡在了我的眼前。
「嗯?」
 我傻乎乎地仰望着她。
 她依然面无表情地俯视着我,伸出手放在我后面的书架上,走前一步逼近了我。
「啊,啊,这个………?」
 这就是被壁咚的样子,我整个人都懵了,向后面缩过去。
 她还是一句话不说、突然把手伸进的我的肚脐以下摆弄起来。
「你干什么………!?」
 她完全没有理我的感受,还是那样俯视着我、一只手灵巧地解开我腰带的扣子,把我裤头的拉链轻轻地拉了下来。
 失去了腰带的裤子在重力的作用下,一溜烟地掉了下来、内裤和赤裸的大腿都露出来了
「等一下………!!?」
 到这里我终于回过神来,满脸通红,好像火烧一样火辣辣的、慌张地想提起裤子。
 但是、突然身体被一股巨力反转过来,整个人都被压在了书架上。
「呼,哈………」
 在我难堪地喘息的时候、她的手指完全不给我思考的余地,抓住了我的内裤,下一瞬间、我遮掩耻部的最后的壁垒就这样被轻易地突破了。
「不要………啊!!」
 不知不觉发出了好像女孩子一样的哭喊。
 做这样的事,这孩子到底想干什么啊………!?
 突然,我觉得下半身有接触到了书架上的书的触感,急忙缩回下半身,
 向下一看、我的鸡鸡已经干劲十足地勃起了(因为………就算是在这个异常的情况下,跟女孩子有这样的身体接触还是第一次啊………)、粘粘的忍耐汁沾到了一本叫「菅谷高校年表 昭和47~53」的装订漂亮的书上。
哎呀,糟了、这本书看起来很贵啊………被我弄脏了………我该怎么赔偿啊………。
 那时候我觉得很着急啊、但是后来一想、这可不是考虑这样慢条斯理的事的时候啊。
 这时,身后有衣服摩擦的声音、我回头一看,原来是她把裙子卷了起来,露出了内裤。
「这………个、是什么啊!!?」
 我因为太惊讶了,不由得发出了声音。
 映入我的眼帘的是蓝白条纹的女生的内裤………、不,比起这个,可爱的内裤什么的都算不上什么,在内裤下面竟然有一根怒张的巨大阴茎。
 欸,男的………!?
 不,不对、那对巨乳不像是假的………。
 她用纤细的手指把内裤脱下、那大炮般的阴茎解放的瞬间、巨蟒一样的巨根简直要推翻她是女性的身份(哇………是真的、第一次看到女生的私处………但是却是一根鸡鸡啊,完全兴奋不起来啊),我现在的眼睛全部都被那根巨型阴茎所占据。
 她应该是同时具有两性的性器吧。
 但是这样的事怎样都好。
 现在的问题是、她那强悍的男性器、溢出了大量的先走液,正在戳弄着我的屁股。
 我感到了生命的危机………!!
 她那被先走液沾满的阴茎黑黝黝的,足足有30cm、比起我我的东西,这根阴茎是多么巨大、铅笔粗细的血管扑通扑通地跳动,给人一种强壮的肌肉一样的感觉,是没有一点女性痕迹的东西。
「啊,啊,……那,那个………?」
 啊、我的声音都颤抖不已了………。
 她拿着书的那只手一把把我的头强压在书架上。
 这是怎样的怪力啊,我的头盖骨都好像发出了悲鸣,我的头被摁得动弹不得,连话都说不出来。
 尽管如此,她的手指还夹在之前看的书页里。
 然后她用另外一只手放在我的大腿上,轻轻松松地就把我一条腿举了起来。
 她完全没有考虑我的身高、只是按照她方便与否地把我举起来,所以我在地板上的脚也几乎离地,只能踮起脚尖以奇怪的姿势站着。
 对这种事完全不明白的我也知道。
她绝对是想侵犯我吧。
「那,那个、你,你能不能………别,别这样啊………。」
 我的头被压在了书架上、自己的屁股上还紧挨着炙热的凶器、我只能怯怯的这样求饶。
 但是她表情还是没有一点变化、开始推动着她的阴茎。
 像火烧一样炽热,像钢铁一样坚硬的龟头,吞吐着粘乎乎的先走液,正在舔弄着我的肛门。
 天真的想法随着她阴茎上海量的偷跑汁消失了、我的下半身被稍稍地抬起来。
 不可抗拒的强大力量、本来不可以放进任何东西的那个洞穴,被粗暴地顶开了。
「啊………呼、雅蠛…………蝶……?!」
 然后是令人窒息的剧痛,我整个身体都止不住地在颤抖,眼泪滴答滴答地流下来。
 嘶啦………噗啦………。
 肉块被撕裂的声音,听起来都觉得痛,在这个安静的图书室里面特别明显。
 痛得连话都讲不出来……、总算、她那大得吓人的龟头是挤进去了。
 但是从那里开始才是真正的地狱。
 好像是为了破坏我的身体而生的凶恶阴茎,嘎吱嘎吱地刮弄着我的肠壁、毫不留情地往我身体更深处肆虐。
 总算、她的动作是稍微停下来了、这时候我已经是奄奄一息了、腹部异常地突起了一块,那是她阴茎的形状、血和淫液的混合物顺着我大腿流下来。
anchok:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
 我好像,不知不觉地射精了,「菅谷高校年表 昭和47~53」上面被白浊的粘液弄得湿淋淋的。
 这是前列腺被蹂躏的时候正常的身体反应吧………现在的行为对我来说完全没有能让我有快感的元素吧。
「您,您今天………能不能………就这样………放、放过我………。」
 我拼了命地这样哀求。
 下一瞬间、她开始把她的巨根以比插入的时候更快的速度拔出去。
 向后拔出的龟头,比插入的时候更粗暴地蹂躏着我的直肠。
「啊………。」
 啵的一声,她的龟头终于突破了我的肛门,从我的身体里面抽出来了。
 滴答滴答………肠內积存的她的先走液滴到了地板上。
 但是还没等我感受到异物感的解放之后的感觉、呼啸而过的子弹一样的龟头就已经再次打入了我的体内。
 从那里开始,这根巨炮以和之前完全不一样的速度和节奏做着活塞运动。
 在因为强烈的痛苦而发出悲鸣的同时、体内被猛烈地突进,胸口都能感觉到好像被殴打一样的冲击,这快让我喘不过气了。
 地狱般的抽插不断地重复着。
 我这才发现,我现在整个人都是悬空着的,我的身体在她的腰间、被她的巨根激烈地抽插着、一直向上的冲击力让我脚完全不着地,一根阴茎竟然支撑起了我几乎全部的体重,我只能把手放在书架上默默地承受这一切。
 是已经习惯了这种高强度的抽插了吗!?她松开了摁在我头上的手、一只手打开了书、一边粗暴地强奸着我的身体,一边面无表情地看着书。
 用一只手灵巧地翻着书页,我无论哭喊也好,悲鸣也好,她看都不看我一眼,好像她的世界里只有我的屁股和手上的书一样。

感觉已经过了好久。
 还是因为痛苦让我觉得已经过了很久呢。
 她那激烈的抽插、一点都没有慢下来的样子、感觉上还越来越快了。
 这根本不是性交,这只是她的自慰而已,我只是她的自慰器。
 当我是用完就丢的东西那样的粗暴的自慰。
 对她来说,我只是读书时的消遣吧。
 突然想起了班里的人说的图书室的事情。
 啊………是这样吗………原来就是现在我被强奸的事啊。
 在同级生和前辈们眼中的她……都认为,这只是一个美少女吧、然后那个男生。
 鼓起勇气向他表白之后、就这样被当成她的性玩具,然后被送进了医院。
 平时没有什么锻炼的我,可能会这样被活活干死啊。
 这样的地狱会持续到什么时候呢。
 这根侵犯过不知道多少人的阴茎、已经不能轻易地感受到快感,没那么容易就射精了吗。
 已经,连疼痛都感觉不了了。
 意识开始朦胧。
 这个时候、没有任何前兆、身体里面有什么灼热的东西爆发了。
「啊啊啊,骗人的吧、射在里面吗……」
 肠子感觉到好像宇宙诞生的时候的炽热、下腹部噗啦噗啦地有什么东西迅猛地升了上来。
 下一瞬间、胃里好像被火烧着一样的烫、我的胃袋好像气球一样膨胀起来。
 肚子那里膨胀的程度让人觉得毛骨悚然,衬衫的纽扣都被我膨胀的肚子撑爆了。
 开玩笑的吧………这些全部都是?我一辈子都不可能射出这么多啊………这里只是她一次的量啊………!!!
 灼热的感觉延伸到了食道、食饭里的东西伴随着呕吐感一起溢出。
 这还没停下来、我还在不断地吐出白浊的液体,离近了看,与其说这是液体,不如说是果冻之类的东西,这些白浊的胶块散发出浓重的腥味。
 她的射精还是没有要停下来的迹象,我的脑袋都好像要被这些白浊的液体淹没掉。
 继续这样下去,我大概会因为身体破裂而死掉把……。
 意識开始被抽离。
 要………死掉……………了吗………………。
 我就这样在浓得让人窒息的精液味之中失去了意识。 当我醒过来的时候、周围已经变得昏暗,夕阳透过窗户照进来。
 我满身精液地倒在了书架之间。
「嗯………?」
 想要站起来的时候、发现她的精液在我身上还没干透、我现在好像被海藻缠住的样子,想站起来都很困难。
 向下一看,我的肚子好像装了个西瓜进去一样鼓起。
 屁股的洞感觉到一丝凉意。
 在之前的人生中,没有接触过户外空气的部分,现在感觉到了微弱的风。
 她的精液被空气冷却了之后凉飕飕的。
 被撕裂得七零八落的伤口火辣辣地疼。
 还有胸口也是,现在呼吸都很困难………。
 完全不理会我现在这么凄惨的样子、干了一发之后就把我像垃圾一样丢掉,然后回去了吗?………真过分啊………。
 禁不住流下泪来。
 之后该怎么办。
 不能就这样回家啊………或者说、不能就这样出去被别人看到。
 在走投无路的我的上面,出现了一个很大的影子。
 我抬头一看、是她、她还是那样面无表情地俯视着我。
 可恶啊………明明被做了那样的事、但是我却觉得世界上没有什么能比得上现在夕阳下她的脸………。
「………这个。」
 这是我第一次听到她开口说话。
 啊………声音也很可爱啊………。
 她手上拿着什么什么。
 一沓纸………?
「嗯………?!」
 那个是、我原本放在书包里,我自己写的,写了一半的小说的原稿,我提着沉重的肚子站起来,从她手上把它抢了回来。
「 别,别随便拿啊 。」
 我脸红到发烫了。
 今天我被做的那些事都是不被允许的。
 但是这时候我是很害羞的。
因为我自己写的小说被看了………!!
 我已经不能待在这个学校里了………!!!
「继续、可以吗?」
 她说。
「哈……什么………?」
 什么?
「那个、很有意思。想继续看下去。」
「额?………继续………?」
 我自己说了什么,连我自己都不知道、像个白痴一样地嘟哝。
「嗯、继续。」
 认真………的?
「啊,不,不行不行不行,这不是写给别人看的,而且我写得很差啊………。」
「那为什么会写呢?」
 她侧着脸说。
「那、那个………」
 答不出来。
 不,没有答案。
「这个不是写得很差啊,有点像史蒂芬的风格,我很喜欢哦。」
 她说这话的时候还是面无表情,好像感情这种东西在她身上不存在。
「………」
 我很高兴。
 明明被做了那样的事,现在的我还是很高兴。
「………这、这个、请继续看下去………等我写完的时候………。」
「什么时候?」
「哎?」
「什么时候可以写完?」
 也就是说不是我想写就写了吧?
「………我、会试着写下去的。所以,那个………」
 这时候我犹豫了。
 到现在为止,没有任何人看过我写的东西。
 岂止如此,就连将来想成为作家的梦想也没有和父母讲过………。
 但是这女孩,全部都看到了。
 大概今天是我人生中最丢脸的一天了,但是这些全部都被她看到了。
「如果可以的话,请,请继续读下去………。」
 我鼓起最大的勇气说了出来。
 「好啊。」
她第一次有了一点笑意………我确实是感觉到了。
 也许是夕阳的光线的缘故。
 让我感觉到她说「好啊。」这句话时候的心情。
「大概几分钟?」
「哈?」
「大概几分钟能写完?」
「啊、不是吧、以分钟为单位………太勉强………了吧………?」
 糟糕、惹她不高兴,我会不会又被她侵犯………?
「那么、我会在这里看书、直到你写完为止。」
 然后她从口袋里面掏出一本轻小说。
「啊、不、这个………今天之内,恐怕不可能写得完吧………?」
 她俯视着我。
 不妙、不知道她在想什么。
 是,生气了吗………?
「那我回去了。」
 呼………总算得救了………。
 想了一会儿,她一手拉住了我的手臂。
「啊………!?」
 我以不可思议的目光仰望着她。
「回去。」
 她重复地说。
「啊、嗯、我知道了,那,那这个……是干什么啊?」
 我问她为什么这样拉住我的手。
「跟我回去啊。」
 她好像理所当然的这样说道。
「 嗯………?!难道说、要我和你一起回家吗!?」
「回去继续写啊。」
 她点了点头。
「啊?!不行不行不行不行!!!」
 我慌忙地摇头。
 她好像对比无法理解的样子。
 不是开玩笑……如果我被她带回家了, 一定会被弄死的。
 虽然只是和她谈了一会儿,但是我觉得这孩子超天然呆的………难道刚才对我做的那些事都没有恶意吗?只是有不得不侵犯我的理由?……例如说,发情期的猫………!
 ………真可怕!!!
「那么、明天………!明天我还会来图书室的、你要继续写你的小说哦………如果你不来的话,我可饶不了你………。」
 竟然随随便便就做了这样的约定。
 不过,我总算不用被带回家了。
 她好像还有点不想就此罢手的样子,但不久。
「我明白了。」
 我这样向她承诺道。
「那么、那么、就快点回去继续写吧………」
 说完,,她又抓住了我的另外一只手。
 我两只手都被她抓住了。
 这个………………………?
「在这之前。我想再做一遍。」
 她说。
「一想到明天就很开心、所以勃起了。想再做一遍。」
 我视线向下移了过去、裙子下面的巨蟒以肉眼可见的速度变大。
 这个………。
「不行、今天我已经………不行了啊………。」
 我都快哭出声了。
 刚才没能听的恳求,以现在的关系的话 应该会听一下吧………。
「我明白了。」
 太好了………!!
 这孩子还是会听我说话的………!!
「那就用嘴巴好了。」
 她说完之后、我在她面前跪了下来。
 之后、是让下巴脱臼的口交……
wuhaoran5:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
请问LZ还有后续吗?
感谢LZ的翻译
让吾等淫民又见识到了一部作品
weixiefashi:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
这个我有印象……我记得特别深的是,女主口爆男主的时候,手上拿的是《月亮是一位严厉的夜之女王》(neta罗伯特·海因莱因的《月亮是一位严厉的妇人》)……
anchok:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
把你炸出来了耶,讲道理,你挖的那几个坑什么时候填上去啊?orz
08230324:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
喜欢这样的扶她文
yifan:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
顶一顶
aifff:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
我喜欢
lg83449447:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
“那个,继续,可以吗?”(笑)
暴君试做版:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
笑死我了
oo3oo6oo9:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
求楼主继续更新啊,求求楼主
asdf12080:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
看到三楼跪求后续,美女就是应该插口,插后面感觉好脏
angle_beats:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
感谢分享,是p站上画futa的那个
08230324:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
哪一个
anchok:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
讲道理啊,不是我不想翻后续的,但是给到我手上的原文就这么多,有后续的大神还请发我一份。
kiven215:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
好棒!求告知原作者是谁
urania:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
给我你有的原文我来帮你查一下全文吧
asukakazama:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
weixiefashi:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
高校一年の秋、僕は彼女と出会った。

 父の仕事の都合で転校した。
 二学期の半ばという中途半端な時期のことだ。
 四月から、大して興味のないゲームやアニメやお笑い芸人の話題に無理矢理会話を合わせてようやく友達が出来かけた頃だと言うのに、全部パアだ。
 不貞腐れ気味の登校初日、これから二年半クラスメートになる連中の前で、黒板に名前を書かされた。
 ざっとクラスを見回す。
 僕を見る目から、「何だ男か」「しかも地味」「つまんなそう」と、転入生への興味が急速に冷めて行くのが見える。
 ふと一人の女子が目に留まる。
 あ、あの子ちょっとかわいいかも………。
 あとで名簿で名前確認しとこう。
 まあ、あんなかわいい子と、僕みたいな根暗男子が関わることなんて、卒業しても一生ないのは、わかってるけど。
 用意された席へ座ると、何事もなかったかのようにホームルームが始まり、その後何事もなかったかのように授業が始まった。
 その間、誰も僕に話しかける生徒はいなかった。
 僕はそれほど、周りの興味をひかない、平凡以下の男子だった。

 学校生活というのは、一人きりで生き抜くには少々シビアなものだ。
 休み時間ずっと一人でいたり、昼飯なんかを一人で食っていようものなら、周囲から“ぼっち”認定され、いざという時声をかけても“ぼっちとつるむと俺までぼっちみたいで嫌だな”と避けられ、余計にぼっちになるという負の連鎖が生まれる。
 中学時代、学校とはそういう社会なのだと、僕は学んだ。
 だから高校へ上がってからは、どこかしらの群れに入り込もうと、僕なりに努力はしていた。
 僕のような地味なナリのやつは、体育会系で女子にもモテるいわゆる人気者集団からは見向きもされず、集まるのは結局似たようなオタクタイプのやつばかりだったけど。
 でも、そんな中にも、本当の趣味を共有できる“友達”はいなかった。
 僕は、文学が好きだ。
 将来は作家になりたい。
 中三の頃から、小説を執筆している。
 誰にも打ち明けたことはないし、ましてや見せたこともないけど。
 高校へ上がれば、色んな小説の感想を言い合ったり、勧め合ったりできる友達が出来るのではないかと、ちょっと期待していたのだけど………。
 結局この学校でも、同じなのだろう。
 だったらもう、最初から、話題の合わない友達を無理して作る努力なんて、しなくていいや………そんな風に思っていた。

 前の学校では、休み時間や放課後のほとんどを図書室で過ごしていた。
 この学校にも図書室はあるのだろうけど、昼休みや放課後に、クラスで図書室のシールが貼られた本を読んでいる人を見かけることすらない。
 引っ込み思案な僕は、誰かに気軽に声をかけて「やぁボク転校生。突然だけど図書室の場所を教えておくれやしないかい?」なんて聞けない。
 そこで数日様子を見ていたところ、断片的だが図書室に関するウワサをいくつか耳にした。
 僕にとっては、あまり良いウワサではなかった。
 どうやら、一年にヤバイ奴がいるらしく(どうヤバイのかは不明だ。中学時代相当な不良だったとかだろうか?)、そいつがずっと図書室に居座ってるらしい。
 “ツヅリ”という名のそいつは、入学直後から複数の同級生や先輩らに目を付けられていたらしいのだが、どうやらその内の何人かを病院送りにしたらしく、入学からたった数ヶ月のうちに、誰も手出しできない学校の裏ボス的存在にまで登りつめたらしい。
 学園生活が表向き平穏を保てているのは、“ツヅリ”が図書室にこもっているおかげらしく、ひとたび“ツヅリ”が図書室を出てしまったら、この学校は殺戮の場と化すだろうともっぱらのウワサだった。


そんな恐ろしいやつがいるだなんて………。
 僕は落胆し、一度は図書室利用をすっぱりと諦めた。
 ところがある日の放課後、日直の学級日誌を担任のところまで届けた帰り、そのまま直帰しようと鞄を持ったまま、偶然図書室の前を通りかかったのだ。
 初めて所在地を確認できたので、利用する勇気はないまでも、どんな本があるのかだけでも見えないかと、つい出来心で、扉のはめ込みガラス越しに室内を覗いてみた。
 面積の割りに棚の密度が濃く、思ったより蔵書数は多そうだが、あまり整頓されておらずごちゃごちゃした印象のある図書室だった。
 きっと例の“ツヅリ”のせいで、図書委員もロクに活動が出来ていないのだろう。
 だがそれよりも僕の目を引いたのは、ぐるりと棚に囲まれた学習スペースの机に静かに腰掛け、無表情で黙々と本を読み耽っている一人の少女の存在だった。
 あ、あれ、“ツヅリ”は………?
 恐怖の図書室は………?
 その女子は、真っ黒な髪をショートに揃え、色気のないベージュのカーディガンを着た、いかにも文学少女といった出で立ちで、唯一、女の子らしいお洒落を感じさせる物と言えば、ピンクのグラデーションがかった眼鏡のフレームくらいだ。
 あんな女子が一人で本を読めるのなら、もしかして図書室のウワサは全部デタラメだったのでは………?
 そんな考えが脳裏を過ぎった。
 確かに、本来は貸し出しなどを行う図書委員がいるはずの司書檀は空っぽだし、ちょっと不自然なところがあるものの、とてもウワサから想像したモンスターの牢獄のような光景からはかけ離れている。
 そもそも、よく知りもしないクラスの連中のウワサ話と、自分自身のこの目で見たもの、どちらを信じる?
 比べるまでもなかろう!
 僕は意を決して、図書室の扉を開けた。
 文学少女は、ちらとも目を上げず、相変わらず黙々と書面を追っている。
 僕は、扉越しには見えなかった奥の方をきょろきょろと見回しながら、突然隠れていた“ツヅリ”が襲い掛かって来やしないかと身構えたが、やはり室内には、僕と眼鏡の女子しかいない。
 僕はほっと胸を撫で下ろすと、壁際の本棚に歩み寄り、一冊一冊、目ぼしい本はないかと物色しだした。
 一番奥の棚に差し掛かったとき、ギッと椅子を引く音が聞こえた。
 眼鏡の女子が帰るのだろうか。
 僕は気にせず背表紙を眺めては、気になった本を引き出し小脇に抱えた。
 その時、ふと人の気配を感じ、僕はびくっとして振り向いた。
 あの眼鏡の女子が、片手で文庫本を開いたまま、無表情で僕を見下ろしていた。
 そう、僕は見下ろされていた。
 座っているときは気付かなかったが、こうして目の前に立たれると、彼女はかなり背が高い。
 僕の身長は165cm、決して高くはないけど、チビってほどでもないと思う。
 彼女の目はその僕より、優に10cmは高いところにある。170後半か、もしかしたら180以上あるのではなかろうか。
 あ、あと、胸が………すごく、おおきいです………。
 か、勘違いしないで欲しいっ、僕が女子の胸ばかり見ているわけではなく、彼女が長身なために、目線がちょうど胸の位置になってしまうだけで………。
 そして近くで見ると、かなりの美少女だ。
 クラスのギャルどもと違って化粧の気配はないのに、白くきめ細かい肌、艶やかな唇、形のいい鼻、そして長く色っぽいまつげに縁取られた、吸い込まれそうな大きく美しい瞳が、じっと僕を見つめていた。
「あ………あにょ………」
 噛んだ………恥ずかしい………。
 僕が棚の前に立ってるせいで、欲しい本が取れないのかな………。
 そう思って場所を譲ろうと、棚と彼女の間を通り抜けて退散しようとしたところ、すっと目の前を、ベージュのカーディガンに包まれた腕が遮る。
「え………っ?」
 僕はぽかんとして、彼女を見上げた。
 彼女は相変わらず無表情で僕を見下ろしたまま、突き出した腕を僕の後ろの本棚に置くと、一歩踏み出し僕に詰め寄った。
「え、えっ、あの………?」
 いわゆる壁ドンされた格好で、僕は困惑と動揺を隠し切れずに身を縮める。
 すると彼女は無言のまま、突然僕のへその下辺りをまさぐり出したではないか。
「あっえっ………!?」
 情けない声を出す僕をよそに、彼女はじぃっと僕を見つめたまま、片手で器用にベルトのバックルを外すと、むしり取るようにホックを外しチャックを下す。
 抑えを失ったスラックスが重力に従ってするりと床へ落ち、下着と脚が剥き出しになる。
「ちょっ………!!?」
 ここでようやく我に返った僕は、顔が真っ赤に火照るのを感じながらも、慌ててズボンを上げようと屈みこもうとした。
 だが、勢い良く体を反転させられ、本棚に腹這いに押し付けられた。
「ぐふっ………!」
 僕がみっともなく喘ぐ間に、彼女の指がパンツのゴムにかかったかと思うと、次の瞬間には、僕の恥部を覆い隠してくれる最後の砦があっけなく剝ぎ取られる。
「いや………っ!!」
 思わず、女の子みたいな悲鳴を上げてしまった。
 こんな事をして、この子は一体何をするつもりなんだ………!?
 ふと、僕のナニが、本棚の本に触れる感触を覚え、僕は慌てて下半身を引っ込める。
 下を見ると、僕の愚息はいつになく張り切っていきり立ち(だって………こんな異常な状況ではあるけど、そもそも女の子に体に触れられること自体初めてだし………)、とろとろのガマン汁を「菅谷高校年表 昭和47~53」と書かれた立派な装丁本から糸引かせている。
 はわわわわわっ、た、高そうな本っ………汚してしまった………弁償できるのかな………。
 その時は相当焦ったのだが、後から思えば、そんな悠長なことを考えていられるのはここまでだった。
 シュル、と衣擦れの音がして振り向くと、なんと彼女がスカートをたくし上げ、下着を丸出しにしていた。
「な………っ、何それ!!?」
 驚愕のあまり、声に出していた。
 僕の目に飛び込んだもの、それは青と白の縞々………いや、そんなことよりも、その可愛らしい下着を引き千切らんばかりに怒張した巨大なペニスの存在だった。
 お、男………!?
 い、いや、でもあの立派なお胸は間違いなく………。
 彼女の細い指が下着をずらし、その大砲のようなペニスを解き放った瞬間、大蛇の根元でひくひくとうずく女性のそれ(うわわ………ホンモノ、初めて見る………グロテクスなチンポがなければ感動モノなのに)が目に入った。
 彼女は両性具有なのだ。
 しかしそんなことはどうでも良い。
 問題なのは、彼女の屈強な男性器が、夥しい量の先走りを放ちながら、僕の尻に押し当てられていることだ。
 生命の危機を感じる………!!
 彼女の黒々と淫水焼けしたソレは優に30cmはくだらない、僕のモノなど比べものにならないくらい巨大で、鉛筆みたいなブッとい血管をビキビキと漲らせ、隆起した筋肉のように逞しく勃起した、女性らしさの欠片もない代物だった。
「あ、あの、にゃ、にゃにを………?」
 うわ、完全に声震えちゃってる………。
 彼女の、本を持った方の手がぐいっと僕の頭を本棚に押し付けた。
 あまりの怪力に頭蓋骨が悲鳴を上げる。
 それでもなお、読みかけのページに指を挟んだままなのが目に入った。
 それから彼女は、もう片方の手で無言のまま僕の太ももに手を回し、片脚を軽々と持ち上げた。
 僕の身長などまるで考慮せず、彼女の都合の良い高さまで持ち上げるので、床についていた方の片足も、爪先立ちの状態になる。
 こういう情事に全く疎い僕でも、さすがに把握した。
彼女は完全に、僕を犯そうとしている。
「お、おねがいしましゅ………や、やめ………。」
 僕は頭を押さえつけられたまま、自分の尻に押し当てられた熱い凶器を横目に、怯えた声で訴えた。
 だが彼女はピクリとも表情を動かさず、ぐいぐいとペニスを押し付け始めた。
 火傷しそうなほどの熱と鋼のような硬さを持った先端が、汚らしくよだれをたらしながら、アナルの淵をじっとりと舐める。
 どぽどぽとおしっこのように次から次へ毀れ出る彼女の先走りで、僕の下半身はすでにぐっちょぐちょにされている。
 抗えない強い力が、本来モノを入れてはいけない穴の淵を、メリメリとめくり上げていく。
「あ………っ、ふっ………、あ゙っ!」
 声も出せないほどの激痛に体が打ち震え、ぽろぽろと大きな涙が溢れ出てきた。
 ミチ………メチ………ミリ………。
 肉が八つ裂きにされる痛々しい音が、図書室の静寂に響いた。
 グボッ………と音がして、ようやく、彼女のパリッと張り出したカリが僕の中へ入ったのがわかる。
 そこからが地獄だった。
 メスの体を破壊するために存在しているとしか思えないその凶悪なカリによって、ごりごりと腸壁を抉られながら、容赦なく体の奥が陵辱されていく。
 ようやく、彼女の動きが止まった頃には、僕は息も絶え絶えになり、腹部は彼女のペニスの形に異様に膨れ、太ももからは淫液に混じった血が滴り落ちていた。
 僕は、いつの間にか射精していたらしく、「菅谷高校年表 昭和47~53」が白濁した粘液でべとべとになっている。
 前立腺を蹂躙された際の生理反応だろう………今のところ、僕にとってはこの行為に快楽の要素はかけらもないのだから。
「お゙………お゙ねがい………でひゅ………ぬ、ぬいて………。」
 僕は命からがらに懇願した。
 次の瞬間、入ってきた時よりも速いスピードで、彼女の巨根が引き抜かれ始めた。
 反り返ったカリが、挿入時よりも乱暴に腸内を耕していく。
「あ゙っ………。」
 ボヒッ………という汚らしい音がして、彼女のカリが肛門を突き破って外に出てきた。
 トポポポポポ………と、腸内に溜まった彼女の先走りが掻き出されて床に毀れる。
 だが異物感からの解放感を味わう前に、すぐにまたメリメリと荒れ狂う弾丸が打ち込まれた。
 そこからは、最初の二回とは比べものにならないほどのスピードで、リズムよく入引が始まった。
 激痛に悲鳴を上げたくなるのと同時に、体内を強く激しく突かれ鳩尾を殴られたような衝撃に息が絶える。
 延々と、その繰り返しが続いた。
 気付くと、爪先立ちだった足はリノリウムの床を離れ宙ぶらりんになっており、僕の体は彼女の腰の位置まで持ち上げられ、激しいストロークを繰り返す彼女の巨大なペニスと、残された微かな力で本棚にしがみつく僕の腕だけで宙に支えられている。
 強靭で高速なストローク運動に慣れたのか、彼女は僕の頭を押さえつけていた手を離すと、片手で文庫本のページを開き、僕の体を乱暴に突き続けながら無表情で読書を始めた。
 片手で器用にページをめくっては、僕がどんなに泣こうが悲鳴を上げようが見向きもせずに、ひたすら文章と僕のお尻を貪り続けた。


かなりの時間が経ったように思う。
 それとも苦痛のあまりに時間の感覚を失ったのだろうか。
 彼女の強靭なストロークは、一向に衰える気配を見せず、それどころか高速さを増しているような気さえした。
 もはやこれは性行為などではなく、彼女の自慰だった。
 それも、パワーに物を言わせた乱暴な自慰。
 彼女にとっては、読書中の暇潰しなのだろう。
 僕はただの、使い捨ての道具に過ぎない。
 図書室のウワサをふと思い出した。
 ああ………こういうことだったのか………今僕を犯している彼女が“ツヅリ”なのだ。
 複数の同級生や先輩から目を付けられていた彼女………そりゃあ、これだけの美少女だ、放っておく男子はいない。
 そして勇気を持って告白しようものなら、こうして彼女の性玩具にされて病院送りにされたのだろう。
 何人もの男子がそんな目に会わされたのだ、体も鍛えてない僕なんかは、このまま殺されてしまうかもしれない。
 この地獄はいつまで続くのだろう。
 こんな風に何人もの男子を犯してきた彼女のペニスは、もはやちょっとやそっとじゃ快感を得られないのかもしれない。
 もう、痛みの感覚が薄れてきた。
 意識が朦朧とする。
 その時、何の前触れもなく、体の中で灼熱の何かが爆ぜた。
「えっえっ、うそ、中に………っっっ」
 その熱はまるで宇宙誕生のように、下腹部からボゴボゴと猛スピードでせり上がって来る。
 次の瞬間、胃の中が燃えるように熱くなり、風船のように膨らみ始めた。
 腹部がゴプンゴプンと不気味に膨張し、ワイシャツのボタンが弾ける。
 う………あ………これぜんぶ、かのじょのせーえきだ………一回でこんなに………!!!
 焼け付くような感覚が食道を逆流し、嘔吐感とともに口から溢れ出す。
 止め処なく毀れてくるソレは液体と言うよりもゼリーかこんにゃくに近く、真っ白に濁って物凄い匂いを放っていた。
 彼女の射精は止まる気配を見せず、僕の思考を真っ白に塗り潰していく。
 このまま、体が破裂して死んじゃうんだ………。
 意識が遠のく。
 あ………つ………い………………………。
 噎せ返るような精液の匂いにつつまれて、僕は気を失った。


目が覚めたとき、辺りは薄暗くなっていて、窓からは夕日が差し込んでいた。
 本棚の間で、精液まみれで倒れている。
「う………?」
 体を起こそうとすると、乾きかけた彼女の精液で、体中ノリを被ったみたいにバリバリになっていた。
 見ると、腹がスイカみたいにパンパンに膨れ上がっている。
 尻の穴がひんやりとする。
 これまでの人生で外気に触れたことのない部分に、微かな風を感じる。
 外気に冷やされた彼女のザーメンが冷たい。
 ズタズタに避けた傷口がひりひりする。
 胸やけがする………。
 僕をさんざんいたぶってこんな状態にしたくせに、一発抜いたらゴミみたいに捨てて帰っちゃったんだ………ひどい………。
 思わず涙が出た。
 これからどうしよう。
 このままじゃ家に帰れない………というか、人目に出られない。
 途方に暮れる僕の上に、大きな影が落ちた。
 顔を上げると、彼女が、相変わらず無表情で見下ろしていた。
 くそう………あんなことをされたっていうのに、夕陽を受けた彼女の顔は、現実味のないほど綺麗だ………。
「………これ。」
 彼女が初めて口を開いた。
 うわ………声もかわいい………。
 僕に何かを差し出している。
 紙の束………?
「あ………っ!!」
 それが、鞄の中に入れていた、書きかけの自作小説の原稿だと気付いた瞬間、僕は重たいお腹を引きずるように立ち上がり、彼女の手からそれを引ったくった。
「か、かか、勝手に………!!?」
 顔から火が出る。
 今日されたどんなことよりも、それが許せなかった。
 と同時に、恥ずかしかった。
 人に読まれるなんて………!!
 もうこの学校にはいられないよ………!!!
「続き、ないの?」
 と、彼女が言った。
「は………え………?」
 何?
「それ、おもしろかった。続き読みたい。」
 と彼女。
「え………つづき………?」
 僕は何を言われているのか分からず、アホみたいに鸚鵡返しで呟く。
「うん、続き。」
 本気………なの?
「い、いやいやいや、だ、だめだよ、だって、人に見せるつもりで書いたんじゃないし、それに下手だし………。」
「じゃあなぜ書いたの?」
 と彼女が首を傾げる。
「そ、それは………」
 答えに窮する。
 いや、答えなんてない。
「それに、下手じゃない。スティーヴン・キングに似ている。私は好き。」
 相変わらず感情の読めない表情で、彼女が言った。
「………」
 嬉しかった。
 あんなことをされたというのに、喜んでしまった。
「………で、でも、続きはまだ………書いてないんだ………。」
「いつ?」
「え?」
「いつ、書くの?」
 それってつまり………書いて………欲しいってこと?
「………僕、書いてみる。だからその………」
 一瞬、ためらう。
 これまで、誰かに見せたことなんてない。
 それどころか、将来作家になりたいだなんて夢、両親にすら言ったことないのに………。
 でも彼女になら、見せてもいいかなって気がした。
 多分、今日一日で、これ以上ないってくらい恥ずかしい姿を、彼女には見られたからだと思う。
「で、出来たら、続き、読んでもらってもいい………かな………。」
 最大限、勇気を出した。
 「いいよ」、と、彼女は初めて、少し笑った………気がした。
 わからん、夕陽の光の加減で、そう見えただけかも。
 でも、「いいよ。」と、言ってくれたその声は、気のせいなんかじゃない。
「何分くらい?」
 と彼女。
「え?」
「何分くらいで書ける?」
「えっ、いや、分単位じゃ………無理………かな………?」
 やばい、機嫌を損ねたらまた犯されるの………?
「じゃあ、書けるまでここで本、読んでる。」
 と彼女は、ポケットからさっきとは違う文庫本を取り出して言う。
「い、いや、そのう………今日中には………難しい………かな………?」
 彼女が僕を見下ろす。
 やばい、何考えてるのかわかんない。
 お、怒ってる………?
「じゃあ、帰る。」
 ホッ………納得してくれたか………。
 と思ったのも束の間、彼女の手が僕の腕をぐいっと引いた。
「えっ………!?」
 唖然として彼女を見上げる僕を、不思議そうな目で見つめ、
「帰る。」
 と繰り返す。
「あ、うん、それはわかった。あ、あの………これは?」
 僕は、彼女にガッシと握られた腕を示して尋ねる。
「つれて帰る。」
 さも当然と言うように、彼女はそう言い放った。
「え………えっ、もしかして、一緒に君の家に!?」
「そこで続き書く。」
 と、頷く彼女。
「えっえっ、無理無理無理無理!!!」
 慌てて首を振る僕。
 彼女は理解できないといった様子できょとんとしている。
 冗談じゃない………こんな子の家にお持ち帰りされた日には、今度こそ確実に殺される。
 しかも話しながら薄々感づいてはいたけど、この子超天然だ………さっき僕にしたことについて一切悪気がないどころか、絶対ムラムラ来たら所構わず侵される………例えて言うなら発情期の猫………!
 ………怖い!!!
「あ、明日………!明日また図書室来るから、その時に続き、書けたとこまで………っていうので、勘弁してくれないかな………。」
 そんな約束が咄嗟に口を突いて出てしまった。
 でもまあ、お持ち帰られるよりはマシだ。
 彼女は少し不服そうに見えた(気のせいかも)が、やがて、
「わかった。」
 と承諾してくれた。
「じゃ、じゃあ、早速帰って続きを………」
 そう言って鞄を掴もうとした手を、彼女の手が掴んだ。
 僕は両腕を彼女に拘束された状態になる。
 あれ………………………?
「その前に、」
 と彼女が口を開く。
「明日が楽しみで、勃起した。したい。」
 視線を下げると、スカートの下でキングコブラが鎌首をもたげている。
 げ………。
「きょ、今日はもう………無理………です………。」
 僕は泣き声を出す。
 さっきは聞いてもらえなかった懇願も、少しだけ関係の深まった今なら………。
「わかった。」
 やった………!!
 話せばわかる子………!!
「じゃあ口でいい。」
 彼女はそう言って、僕を彼女の前に跪かせた。
 このあと、顎が外れるまでイラマチオさせられた。
ilomiko:Re: 渣翻扶她逆插,不喜勿入。文学少女的肉便器
楼主,看看这一篇。链接: http://pan.baidu.com/s/1dFFfwzB 密码: 6rvv
发表回复